HOME » よくある質問 » 遺言について » 認知症の父親がいます。成年後見制度を使って父の代わりに遺言をすることはできますか?

よくある質問

認知症の父親がいます。成年後見制度を使って父の代わりに遺言をすることはできますか?

残念ながら、遺言書の作成は、後見人等の権限が及ばないので、成年後見人に選任されても遺言書の代理作成はすることができません。

なお、お父様が遺言をすることができるのは、判断能力が一時的にでも回復した時に、医師2名以上の立会いがあれば遺言は可能です。

この場合、立ち会った医師は、遺言者が遺言をする時において精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態になかった旨を遺言書に付記して、これに署名し、印を押さなければなりません。

「認知症の父親がいます。成年後見制度を使って父の代わりに遺言をすることはできますか?」の関連カテゴリ

「認知症の父親がいます。成年後見制度を使って父の代わりに遺言をすることはできますか?」の関連記事

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・お見積り

お電話でのお問い合わせは076-461-8228

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

代表者あいさつ

久郷 厳

相続・遺言・成年後見を専門とする行政書士です。
相続手続き・遺言(公正証書遺言)の立案、サポート・成年後見制度の活用に関すること等、皆様が安心して生活していけるようにお手伝いをしています。

事務所概要はこちら

Facebookもご覧下さい

久郷行政書士Facebookはこちら

ブログもご覧下さい

久郷行政書士ブログはこちら