HOME » よくある質問 » 相続手続き » 私の夫は、銀行の貸金庫を借りていましたが、先日亡くなりました。私たちには子供2人がいますが、私一人で貸金庫を開けて内容物を確認することはできますか?

よくある質問

私の夫は、銀行の貸金庫を借りていましたが、先日亡くなりました。私たちには子供2人がいますが、私一人で貸金庫を開けて内容物を確認することはできますか?

 貸金庫契約は利用者と銀行との間の賃貸借契約と考えられますから、その利用権は相続の対象となります。

ただし、銀行の実務としては、相続人全員の立会や遺産分割協議をしてその貸金庫契約を相続する者を決めたうえでないと開扉に応じてくれません。

しかし、分割協議前に内容物を確認しなければ協議をすることもできません。

このような時、全員の立会なく開扉してもらうためには、公証人に対し事実実験公正証書の作成を依頼し、公証人の立会を得て貸金庫を開扉することができます。

公証人はその際に見聞、体験した事実を公正証書として作成するので、後日、他の相続人との間の紛争を防止する効果も期待できます。

 

「私の夫は、銀行の貸金庫を借りていましたが、先日亡くなりました。私たちには子供2人がいますが、私一人で貸金庫を開けて内容物を確認することはできますか?」の関連カテゴリ

「私の夫は、銀行の貸金庫を借りていましたが、先日亡くなりました。私たちには子供2人がいますが、私一人で貸金庫を開けて内容物を確認することはできますか?」の関連記事

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・お見積り

お電話でのお問い合わせは076-456-9685

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

代表者あいさつ

久郷 厳

相続・遺言・成年後見を専門とする行政書士です。
相続手続き・遺言(公正証書遺言)の立案、サポート・成年後見制度の活用に関すること等、皆様が安心して生活していけるようにお手伝いをしています。

事務所概要はこちら

Facebookもご覧下さい

久郷行政書士Facebookはこちら

ブログもご覧下さい

久郷行政書士ブログはこちら