HOME » よくある質問 » 遺言作成 » 先日、遺言書を作成したのですが、どのように保管しておけば良いのでしょうか。

よくある質問

先日、遺言書を作成したのですが、どのように保管しておけば良いのでしょうか。

遺言は、遺言者の意思が死後に実現されるため、遺言書が偽造・変造・破棄・隠匿されないように保管する必要があります。

また、厳重に保管しすぎた結果、遺言書が発見されなければ遺言がなかった場合と同様な相続手続きをしなければなりません。

その遺言書が公正証書で作成されたものでしたら、原本は公証役場で保管されることから、原本の変造のおそれはほとんどありません。

自筆証書遺言の場合の保管は注意が必要です。多くは、自宅の仏壇や箪笥、机の引き出し、金庫に保管されているようですが、変造の危険を考えると公正な第三者に保管を依頼するほうが安全です。

また、遺言者ご本人の死後、遺言書が発見されなければ、遺言者の意思が実現されないことになります。

どのような場合においても、遺言者が死亡したことを保管者に確実に通知できるよう措置を講じておく必要があります。

「先日、遺言書を作成したのですが、どのように保管しておけば良いのでしょうか。」の関連カテゴリ

「先日、遺言書を作成したのですが、どのように保管しておけば良いのでしょうか。」の関連記事

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・お見積り

お電話でのお問い合わせは076-456-9685

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

代表者あいさつ

久郷 厳

相続・遺言・成年後見を専門とする行政書士です。
相続手続き・遺言(公正証書遺言)の立案、サポート・成年後見制度の活用に関すること等、皆様が安心して生活していけるようにお手伝いをしています。

事務所概要はこちら

Facebookもご覧下さい

久郷行政書士Facebookはこちら

ブログもご覧下さい

久郷行政書士ブログはこちら