HOME » よくある質問 » 相続手続き » 遺産の分割協議がまとまらないときはどうしたらよいですか?

よくある質問

遺産の分割協議がまとまらないときはどうしたらよいですか?

分割の協議が整わず、遺言書もないときは、相続人の誰かが申立人となって、他の相続人全部を相手に、相手方の住所地または当事者が合意した家庭裁判所に「遺産分割調停」を申し立てることができます。

調停は、裁判官1名と調停委員2名が相続人の間に入って各人の事情を聞いたり説得したりして、解決に向かうよう話しを調えてくれます。

遺産分割調停が不調となると審判手続きに移行します。もちろん調停を経ずにいきなり審判申立をすることもできますが、実務上は家庭裁判所が職権で調停に付すことが多いようです。

「遺産の分割協議がまとまらないときはどうしたらよいですか?」の関連カテゴリ

「遺産の分割協議がまとまらないときはどうしたらよいですか?」の関連記事

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・お見積り

お電話でのお問い合わせは076-456-9685

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

代表者あいさつ

久郷 厳

相続・遺言・成年後見を専門とする行政書士です。
相続手続き・遺言(公正証書遺言)の立案、サポート・成年後見制度の活用に関すること等、皆様が安心して生活していけるようにお手伝いをしています。

事務所概要はこちら

Facebookもご覧下さい

久郷行政書士Facebookはこちら

ブログもご覧下さい

久郷行政書士ブログはこちら