HOME » よくある質問 » 成年後見制度 » 将来、認知症が進んで、年金の受取や医療費の支払いが出来なくなったらどうすればいいのですか?

よくある質問

将来、認知症が進んで、年金の受取や医療費の支払いが出来なくなったらどうすればいいのですか?

お元気な今のうちに、年金の受取や入院の手続き、病院への支払い、また、支払いのための財産の売却、賃貸などの財産管理等を、任意後見契約で決めておき、将来に備えておけば安心です。

「将来、認知症が進んで、年金の受取や医療費の支払いが出来なくなったらどうすればいいのですか?」の関連カテゴリ

「将来、認知症が進んで、年金の受取や医療費の支払いが出来なくなったらどうすればいいのですか?」の関連記事

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・お見積り

お電話でのお問い合わせは076-456-9685

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

代表者あいさつ

久郷 厳

相続・遺言・成年後見を専門とする行政書士です。
相続手続き・遺言(公正証書遺言)の立案、サポート・成年後見制度の活用に関すること等、皆様が安心して生活していけるようにお手伝いをしています。

事務所概要はこちら

Facebookもご覧下さい

久郷行政書士Facebookはこちら

ブログもご覧下さい

久郷行政書士ブログはこちら