HOME » よくある質問 » 相続手続き » 相続人の中に所在や生死がわからない者がいる場合の遺産分割はどのようにすれば良いのですか?

よくある質問

相続人の中に所在や生死がわからない者がいる場合の遺産分割はどのようにすれば良いのですか?

住所や居所を去って所在不明となった者に対して権利行使をしたいときは、家庭裁判所は利害関係人または検察官の請求によっ不在者の財産管理について「不在者財産管理人」の選任をすることができます。

不在者財産管理人の権限は、保存行為及び目的たる権利の性質を変えない範囲内での利用または改良を目的とする行為に限られているので、遺産分割協議をする場合は、権限外行為の許可審判をしなければなりません。

権限外行為許可を得て、他の相続人と遺産分割協議を成立させます。

不在者の生死が7年間明らかでないときは、不在者の住所地の家庭裁判所に失踪宣告の申立てをすることができます。

失踪宣告が確定すると、不在者は、失踪期間満了時に死亡したものとみなされます。

「相続人の中に所在や生死がわからない者がいる場合の遺産分割はどのようにすれば良いのですか?」の関連カテゴリ

「相続人の中に所在や生死がわからない者がいる場合の遺産分割はどのようにすれば良いのですか?」の関連記事

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・お見積り

お電話でのお問い合わせは076-456-9685

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

代表者あいさつ

久郷 厳

相続・遺言・成年後見を専門とする行政書士です。
相続手続き・遺言(公正証書遺言)の立案、サポート・成年後見制度の活用に関すること等、皆様が安心して生活していけるようにお手伝いをしています。

事務所概要はこちら

Facebookもご覧下さい

久郷行政書士Facebookはこちら

ブログもご覧下さい

久郷行政書士ブログはこちら