HOME » 相続・遺言コラム » 成年後見制度について » 任意後見制度の特徴

相続・遺言コラム

任意後見制度の特徴
成年後見制度について

任意後見制度の特長としては、本人の判断能力の低下後の後見事務(事務の内容は、本人が自ら決めることが出来ます。)を、本人の判断能力の低下前に、自ら選んだ後見人に委託する委任契約を締結するところにあります。

したがって、契約内容を話し合い、しっかり理解して、ご自分の将来の計画を立てていける利点があります。

この任意後見契約は、公証人が関与して公正証書にて作成し、公証人から法務局へ登記を嘱託し、任意後見契約の登記がなされます。

「任意後見制度の特徴」の関連カテゴリ

「任意後見制度の特徴」の関連記事

 人の死は、誰にとっても、いつかは必ず直面させられる問題です。 相続人にとっては、初めてぶつかる人生の大事件となったりもします。 現在その問題をトラブ...
任意後見制度の特長としては、本人の判断能力の低下後の後見事務(事務の内容は、本人が自ら決めることが出来ます。)を、本人の判断能力の低下前に、自ら選んだ後見人に委...
介護保険制度が、従来の行政による「措置」から、「契約」制度への転換がはかられました。契約制度では、利用者が好きな事業所を選び、その気に入った事業所との間で「サ...

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・お見積り

お電話でのお問い合わせは076-461-8228

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

代表者あいさつ

久郷 厳

相続・遺言・成年後見を専門とする行政書士です。
相続手続き・遺言(公正証書遺言)の立案、サポート・成年後見制度の活用に関すること等、皆様が安心して生活していけるようにお手伝いをしています。

事務所概要はこちら

Facebookもご覧下さい

久郷行政書士Facebookはこちら

ブログもご覧下さい

久郷行政書士ブログはこちら