HOME » 相続・遺言コラム » 相続について » 相続が発生したら

相続・遺言コラム

相続が発生したら
相続について

相続は人の死亡により発生します。また死亡のほか、失踪宣告の審判によっても発生します。

相続が開始したら、ご遺族の方は次の作業をしていただく必要があります。

①相続人の確定 = 戸籍や除籍の謄本等を取り寄せて、法律に規定されている相続人を探しだします。

②相続財産の調査 = 財産には、預貯金・株式などの有価証券・不動産・賃貸物件などの財産のほかに、マイナス財産である借金なども含まれます。

③相続の承認・放棄 = 相続財産中に借金がある場合には、家庭裁判所に相続放棄や限定承認を申し立てて借金を相続しないこととすることが出来ます。

④遺産分割 = 相続人が複数いる場合は、遺産分割されるまでの間、相続人の準共有となります。残された遺産を相続人間でどのように分けるか協議していきます。協議がまとまらない場合は、調停や審判よるよる分割の方法もあります。

⑤生命保険・社会保険等の請求 = 生命保険、健康保険、国民年金や厚生年金、労災保険、雇用保険などの請求をします。

⑥遺産の名義変更等 = 預貯金の名義変更や払い戻し、不動産の登記名義人を相続を原因として移転する、株式の名義書換請求をする、債務がある場合の銀行への手続きをする、その他の権利、例えばゴルフ会員権や貸金債権、自動車、特許権についても変更等の手続きをしなければなりません。

⑦税金の申告・納税 = 相続開始時から10ヶ月以内に相続税の申告をする必要があります。また、4ヶ月以内に準確定申告をする必要がある場合もあります。

「相続が発生したら」の関連カテゴリ

「相続が発生したら」の関連記事

 人の死は、誰にとっても、いつかは必ず直面させられる問題です。 相続人にとっては、初めてぶつかる人生の大事件となったりもします。 現在その問題をトラブ...
相続は人の死亡により発生します。また死亡のほか、失踪宣告の審判によっても発生します。 相続が開始したら、ご遺族の方は次の作業をしていただく必要があります。 ①相...

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・お見積り

お電話でのお問い合わせは076-461-8228

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

代表者あいさつ

久郷 厳

相続・遺言・成年後見を専門とする行政書士です。
相続手続き・遺言(公正証書遺言)の立案、サポート・成年後見制度の活用に関すること等、皆様が安心して生活していけるようにお手伝いをしています。

事務所概要はこちら

Facebookもご覧下さい

久郷行政書士Facebookはこちら

ブログもご覧下さい

久郷行政書士ブログはこちら